便秘に効くヨーグルト人気ランキング!オススメはどれ?

Pocket

便秘の改善には、発酵食品を普段から食べて、腸内環境を整える事がポイントですね。

皆さんはどんなヨーグルトを食べていますか?

メーカーによって使っている菌の種類、配合が違うので、お腹に合っているのか様子を見ながら選ぶのがポイントです。

わたしが試したヨーグルトの中で、便秘解消に手応えのあったものを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 


便秘に効くヨーグルトランキング

1位

岩泉ヨーグルト

岩泉ヨーグルト

出典:Amazon

全国的にスーパー店頭にはないのですが、お取り寄せとして人気。

岩手県岩泉町にある岩泉乳業株式会社が作っている、原料と製法にこだわったヨーグルトです。

『満天☆青空レストラン』でも紹介され、牛の飼育方法、低温で熟成発酵させる製法ともに丹念で、独特のもっちりした食感を生み出しています。

乳酸菌の量にもこだわりがあり、1g中11億個の乳酸菌が入っているというだけあって、健康志向の人たちからも大きな支持を受けています。

酸味がなく、まろやかでクリームのようでおいしい上に、お腹の調子もよくなりました。

 

2位

牧家 アロニアヨーグルト

飲むヨーグルト

出典:北海道観光情報サイト

こちらは北海道伊達市で作られているアロニア入り飲むヨーグルト。

巾着型のカチョカバロチーズや、水風船のようなパッケージの白いプリンで有名な『牧家』が作っています。

アロニアは情報番組『バイキング』でも、スーパーフードとして紹介さました。

ブルーベリーに似た実で、食物繊維とアントシアニンの含有量がすごいのです。

乳酸菌と、スーパーフードアロニアのパワーが便秘解消に役立ちます。

岩泉ヨーグルト同様、お取り寄せとなると日常食にはやや高価ですが、味がよく、サプリメントを使う事を考えれば試して見る価値ありですね。

 

3位

スポンサーリンク

 


フジッコ カスピ海ヨーグルト

カスピ海ヨーグルト

出典:Amazon

コチラはスーパーでも購入できるフジッコさんの『カスピ海ヨーグルト』。

もっちり糸をひくような粘りが特徴で、クレモリス菌とアセトバクター菌が使われています。

特徴的な菌種を使っているので、一般的なヨーグルトでは便秘解消につながらなかった人も、腸内環境がかわって効果を感じられる事が多いようです。

わたしが食べてみたときも、快調でしたし、義母もカスピ海ヨーグルトにしてから便秘知らずだと言っていました。

フジッコさんは、カプセルタイプのサプリも出していますし、乳酸菌の質が良さそうです。

 

4位

明治ブルガリアヨーグルトLB81 

ブルガリア

出典:Amazon

プレーンヨーグルト売り上げナンバーワンの『明治ブルガリアヨーグルト』。

明治は、R-1 シリーズなど、乳酸菌の種類で免疫アップ・アレルギー対策にアピールする商品をヒットさせていますね。

コチラのプレーンヨーグルトでも、LB81というタイプ、ブルガリア菌、サーモフィラス菌が使われています。

”唯一ブルガリアに認められたヨーグルト”と明治の公式サイトに紹介されています。

食感はややあっさりで食べやすく、入手しやすいので続けやすさ◎。便秘解消パートナーとして食べたいヨーグルトです。

 

5位

森永ビヒダスヨーグルトBB536 

ビヒダス

出典:Amazon

スーパーで購入しやすく、なじみ深い『森永ビヒダスBB536』。

森永公式サイトによると、100g中に、乳酸菌ビフィドバクテリウム・ロンガムBB536が20億以上含まれています。

”生きて腸まで届く”のキャッチフレーズの通り、お腹の中でなかなか活躍してくれていると感じました。

ブルガリアヨーグルトと比べてややもっちりしていて、満足感があります。

スーパーで買うときには、わたしは食感的にビヒダス>ブルガリアですね。

 

スポンサーリンク

 


自分に合うヨーグルトの見つけ方

3日続けて食べて変化をチェック

食べたものが便になるまでに24時間~72時間と言われています。

ヨーグルトを食べて体に入った乳酸菌が、腸内の環境にどんな影響を与えるのかは3日ほど様子をみて判断しましょう。

食べて1時間程度ですぐに変化がある場合には、乳酸菌の働きというよりは、冷たいヨーグルトを食べた温度の刺激や、食あたりに近い原因が疑われます。

また、乳糖の分解が出来なかった場合にも、お腹がいたくなって便が緩くなったり下痢をします。

3日ほど続けて食べ、お腹のハリや便秘、下痢が改善するようなら相性は悪くないと言えるでしょう。

 

複数種類を同時に食べるのはダメ?

乳酸菌同士が打ち消し合って、効果がなくなってしまわないか心配になりますね。

それに、同じ種類を食べ続けた方が良いのか、いろんなタイプのものを満遍なく食べたほうがよいのかも・・・。

腸内環境を整えて便秘解消したい場合には、悪玉菌を優位にさせない事がポイントです。

普段の食事の中には、ヨーグルト以外の発酵食品からも乳酸菌を摂っていて、いろんな腸内細菌がある事で悪玉菌に対抗する力をアップさせられます。

納豆、塩麹、漬け物などほかの発酵食品もあわせて摂るのもプラスに働きますから、ヨーグルトを日によってかえたり、違う種類を同時に食べても問題無いということですね。

 

まとめ

便秘解消には、いつもと違う種類のヨーグルトを試して見る!

 

腸内環境が乱れて便秘がちな時は、いつもと違うヨーグルトや発酵食品を食べてみましょう。

生きて届くタイプの乳酸菌だとより働きますが、乳酸そのものをたっぷり食べていると、善玉菌のエサになって腸内環境を整える事になります。

ヨーグルト・食物繊維・発酵食品・オリゴ糖を食事に組み込んで、便秘解消に役立てましょう。

スポンサーリンク

 

 

ページ上部へ戻る