排卵日の便秘にはワケがある!解消法のポイントは?

Pocket

便秘になるタイミングを生理の周期と重ねてチェックした事はありますか?

『生理前に、便秘がちになって体重が増えてくる』と感じている女性は多いですね。

コレは、排卵日を境にホルモンバランスが変化することでおきてきますから、排卵日から生理までの間の過ごし方を意識する事で、便秘を防ぐ事が出来ます。

ホルモンバランスと便秘の関係と、対策についてまとめてみましょう。

 

スポンサーリンク

 


排卵日を境に便秘になりやすいわけ

生理周期とホルモンバランス

だいたい28日周期で生理が来ている場合、生理がはじまった日から14日目ころに、基礎体温がカクッと下がり排卵日となります。

2つの女性ホルモンのバランスがこうしたサイクルを作っています。

 

<エストロゲン>

女性らしい体つきや、肌の潤い、若々しさを保つのに欠かせないホルモン。

子宮内膜を厚くする働きがあり、排卵日の2~3日前に急激に増えて、受精卵の着床に備えます。

 

<黄体ホルモン(プロゲストロン)>

妊娠を継続させる役割を持ったホルモンで、排卵日から次の生理までの間は分泌量が多い状態が続きます。

  • 水分・栄養をため込む
  • 子宮収縮を抑え、腸の運動も穏やかにする

妊娠が成立したときに備えて必要な環境を保とうとするのですね。

 

黄体形成ホルモンが便秘がちにさせる

子宮の収縮と、腸の運動には関係があり、子宮の収縮を抑えると腸の運動が鈍り、腸の運動が活発になると子宮の収縮が起こりやすくなる傾向があります。

排卵日直前にぐぐっと黄体形成ホルモンが増えると、子宮の収縮を抑えられ、腸の運動量が激減します。

その上、細胞内に水や栄養をため込もうとするので、水分が体に吸収されて、便が硬くなりやすい環境になります。

このため、排卵日にはホルモンの働きで便秘になりやすいのです。

 

 

スポンサーリンク

 


妊活中は便秘薬の使い方に注意

妊娠成立で黄体ホルモンの影響が大きくなる

卵子が受精して、子宮内に着床すると、妊娠が成立します。

すると、妊娠を継続させるために黄体ホルモンが盛んに分泌されますから、便秘がなかなか良くなりません。

排卵日から14日して、生理もなく便秘も続いている場合には、黄体ホルモンの影響を受けているのかもしれません。

 

刺激性の便秘薬にご注意!

妊娠の疑いがあるときは、センナ、大黄、アロエといった、アントラキノン系の下剤成分が使われている便秘薬は避けましょう。

腸に刺激を与えて便を送る運動を盛んにし、子宮収縮の働きがあるので、流産の危険があるからです。

 

 

基礎体温・検査薬で可能性をチェック

妊活中はもちろん、恋人やパートナーがいる人は、便秘が続くからといって、タケダ漢方便秘薬やコーラックを避けた方が良いかもしれません。

刺激性ではない酸化マグネシウム剤などもありますが、妊娠の可能性があるなら、便秘薬はやめておいた方が良いでしょう。

生理が遅れて、基礎体温が高温期のままなら、1週間以降に検査薬を使って判定してみましょう。

 

 

スポンサーリンク

 


排卵日からの便秘対策とは?

もし妊娠と重なるようなことがあっても安心な、安全性の高い便秘対策をまとめてみましょう。

こまめに水分を摂る

便秘対策の水分は、・・・

①朝起きて5分以内に300CC 程度の白湯(室温の水)を一気に飲む方法。

*たっぷりの水分が、自然な刺激になって排便をうながします。

 

②食べ物など、食物繊維と一緒に摂取する方法。

*腸内に水分が残りやすく、便を軟らかくするのに役立ちます。

 

③飲み物をこまめにちょこちょこ飲む。

*尿で排出されにくく、適度に腸内に水分が残りやすい。

 

排卵日は水分を細胞内に取り込みやすいので、①、③の飲み方は、むくみに注意しましょう。

腸の動きが鈍っているので、水溶性食物繊維を含むヌルヌル食材、汁物の組み合わせで、便の滑りをよくする効果を狙ってみましょう。

 

キウイ+ヨーグルト+はちみつを食べる+オリーブオイル

キウイには水溶性食物繊維、不溶性食物繊維のどちらも入っている上、たんぱく質の消化を助けます。

ヨーグルトの乳酸菌は、腸内環境を整えますが、キウイとはちみつをプラスする事で善玉菌のエサが増えて相乗効果が出ます。

これだけでも便秘解消効果が高いのですが、オリーブオイルは消化されにくく便の滑りをよくして排出を助けるので、一緒に食べると便秘対策万全の食べ物になります。

 

適度に体を動かす

ウォーキング

リズミカルに下半身を使った動作が出来るウォーキングは、便秘改善に効果的です。

青空のもとお散歩というのも、気持ちがリラックスしてストレス解消になり、精神的な原因をやわらげてくれます。

 

便座に座って足首タッチ

座って両手を上にあげ、右手で左の足首をつかむように体を倒していきます。

次に左手で、右の足首をつかむように体を倒していきます。

 

便秘体操

つま先を外側に向け、足を左右に肩幅より広めに開いてたちます。

両手を頭の後ろで組み、スクワットのように腰を落として膝を90度にまげます。

左ヒジで左太ももをタッチします。

右ヒジで右太ももをタッチします。

 

まとめ

排卵日はホルモンの働きで便秘になりやすい。便秘薬は様子を見てから!

 

黄体ホルモンが増えるときに、便秘になりやすい事を知っておきましょう。

普段から便秘がちなら、食事や水分の取り方に気をつけて、便秘薬なしで乗り切れるように注意すると良いですね。

どうしても苦しい場合には、妊婦さんにも処方される酸化マグネシウム剤で便の水分が吸収されすぎないようにするのも有効です。

スポンサーリンク

 

 

ページ上部へ戻る