風邪で処方されるセレスタミンってどんな薬?

Pocket

風邪を拗らせて病院に行くと薬を

処方して貰えます。

 

今は処方された薬の名前や、効能が

書かれた処方書を渡されるので、

その中に『セレスタミン』と言う

名前を見かけるはずです。

 

この薬がどんな効果があるのか、

どんな薬か知っている人は少ない

のではないでしょうか。

 

このセレスタミンとはどんな風邪に

効果がありどんな働きをするの

でしょうか。

 

それについてお話していきましょう。

 

スポンサーリンク

 


セレスタミンってどんな働きをするの?


セレスタミンは古くから鼻炎の症状に

効果があると言われる薬で、非常に

強力に炎症を抑えると言われています。

 

花粉症のようなアレルギー性鼻炎にも

セレスタミンが処方されるので、高い

抗炎症効果があることが分かります。

 

ヒスタミンが鼻水やかゆみの原因になる


ヒスタミンは私達の体の中に存在する

ホルモンの1つで、通常は肥満細胞の

中に蓄えられています。

 

このヒスタミンが何かの刺激により、

細胞から出ていくと

『ヒスタミン受容体』と結合し

鼻水やかゆみになり現れてしまいます。

 

ヒスタミン受容体は細胞の外側にある

もので、ある特定の物質に反応すると

細胞にそれを伝える働きをしています。

 

ヒスタミンにも種類があり、血管や

脳に多いので、花粉症のような

アレルギーに反応すると言われて

います。

 

抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンが

ヒスタミン受容体と結合しない

ようにする働きがあり、痒みや

鼻水を出ないように・止めるよう

に働きます。

 

風邪の鼻水が辛いときに、

セレスタミンが処方されるのは

ヒスタミンを抑えて、鼻水を

止める為なのです。

 

セレスタミンには抗ヒスタミンに

加えてステロイドが含まれて

いますから、炎症を抑えて免疫を

抑制し疾患を治療する力が

強いのです。

 

スポンサーリンク

 


セレスタミンは効果が強い


花粉症でも処方されるセレスタミンは、

鼻水を止める強力な薬です。

 

その為に、眠気や喉の渇きが現れる

こともあります。

 

セレスタミンを処方された時には

車の運転に気を付けるように言わ

れるのは、この眠気が強く出る

からです。

 

風邪の場合には、1週間以内の服用

なので問題もありませんが、

アレルギー性鼻炎や花粉症の場合

には長期的に服用すると、副作用が

強く現れるので、量を加減されたり

一時的に休止する事もあるようです。

 

スポンサーリンク

 


セレスタミンは正しい服用で効果が出る


セレスタミンは強力な抗炎症作用が

あるので、酷い鼻水が出るような

風邪だけでなく、色んな病気に

使われます。

 

効果が高いのですが、強力な為に

『重症』の風邪に利用されますが、

毎回風邪を引いたからと処方される

ものではないので安心してください。

 

セレスタミンの副作用について


セレスタミンは効果が高い薬ですが

強い眠気や、喉の乾きが症状として

表れます。

 

その為に、運転や高所での作業は

慎重に行う必要があります。

 

症状が改善されたようであれば

医師に相談して、服用の中止なども

考えていきたいですね。

 

 

下痢や喉の乾きについて

 

眠気だけでなく、下痢や喉の乾燥が

症状として表れることがあります。

 

寝つきが悪くなり、「不眠」を訴える

人も中にはいるようですが、薬は症状

に合せて処方されていますから、一旦

休止したら医師に相談して、薬を変える

なりの処置をとってもらいましょう。

 

 

体に副作用が出たときには

 

一旦くすりは飲まないようにしますが

その旨は医師に伝える事と、

 

セレスタミンではない薬に変更して

もらう事も大切です。

 

セレスタミンは、市販の風邪薬には

含まれていません。

 

病院で処方される薬のみですから、

使用方法や容量は必ず守って飲用

してください。

 

 

まとめ

 

効果が高いのですが、最近は風邪の鼻水

にはセレスタミンは処方されることが、

少なくなってきました。

 

あまりに辛い症状であったり、鼻炎と

合併した場合には、セレスタミンが

処方される事もありますので、

 

かならず飲み方や、副作用に付いて

確認し、症状が治まるまでは体を

休めるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

 


ページ上部へ戻る