目の奥が痛い!頭痛からの吐き気が起きたら要注意!

5d062a63b6948dfd4e53c66e2dba49df_s_R
Pocket
LINEで送る

頭痛は多くの人が経験しますが、

頭全体に不快な症状が表れてし

まうと不安になりませんか?

 

ちょっとした目の痛みや頭痛

ら、薬で誤魔化したりしますが

吐き気まで起きると『脳に何か

原因が?』と心配になります。

 

いったい何が原因なんでしょう

か?

 

スポンサーリンク

 


もしかしたら頚椎頭痛かも!

d2ce0d635766deee28211175d3080467_s_R


あまり聞きなれなれないのですが、

一般的には緊張性頭痛と呼ばれる

頭痛の1つです。

 

首の筋肉が緊張することで起きる

頭痛で、ストレートネックやむち

うち、合わない枕の長期的な使用

により頸骨が変形し頭痛となるの

が原因です。

 

首には脊髄があり、様々な神経の束

があります。

 

そのうちの頭に伸びている三叉神経

が、骨の歪みや筋肉・血管の圧迫で

締め付けられると、目の奥が痛んだ

り後頭部から首の付け根に痛みが走

ります。

 

三叉神経は頭部の神経を司るので、

酷く痛むと嘔吐中枢までも刺激し、

吐き気を起こすのです。

 


首は身体を支える大切な部分

 


肩こりで頭痛が起きる事が多い緊張

性頭痛ですが、首と肩は重い頭を1日

中支えています。

 

頸骨が歪んだり回りの筋肉がかたいと、

てきめんに神経を阻害し頭痛に発展し

ます。

 

特にパソコン業務が多い人や、デジタ

ル機械を多用する人は注意が必要です。

 

 


頸性頭痛は整体や整形で治そう!!

 


骨や筋肉に問題があり起きる頸性頭痛は、

薬では痛みしか抑えられません。

 

そのままにしておくと、度々頭痛と吐き

気、目の痛みを繰り返します。

 

整体や整形外科で、首の骨の歪みを治せ

ば解決しますが枕や姿勢、生活習慣の見

直しも必要です。

 

スポンサーリンク

 



偏頭痛が原因かも知れませんよ!

e2e981e50111adc865fd3f532777b3af_s_R

血管の拡張が原因で起こる偏頭痛は、

脳の静脈が拡張し三叉神経を刺激し

て起こると言われています。

 

頭を殴られたような痛みに、酷い吐き

気や目の奥の痛みが表れます。

 

頸性頭痛と同じように三叉神経が刺激

され炎症を起こすために、目にも痛み

が強く表れてしまいます。

 

偏頭痛は整体や整体外科の治療では治

りません。

 

血管の拡張を抑える為の薬を飲むこ

とで、予防したり治療が可能です。

 

 

偏頭痛は頭痛外来で治療する

 


血管の拡張が原因の場合には、これ

を抑える治療が必要です。

 

頭痛外来では、拡張した血管を収縮

する薬を処方し、治療をしていきま

す。

 

頭痛の多くは、血行の悪さにあると

言われますが、偏頭痛を根本から治

療する手だては薬を長期的に飲むこ

としかないそうです。

 

スポンサーリンク

 



頭痛と目の痛みを感じたら頭痛外来を受診しよう

c5510f9c7dd1c895e477c86139776d73_s_R

目の痛みと頭痛が同時に起きてしまう、

吐き気まで起きるようなら、頭痛外来を

先ず受診します。

 

たかが頭痛で病院を受診するの?と思わ

れますが、頭痛の原因を知らなければ、

治療も出来ません。

 

頭痛の種類により、治療方が異なります。

 

市販の鎮痛剤を乱用すると、薬を飲まな

いと日常生活を送る事が出来なくなりま

す。

 

特に頭痛だけでなく、吐き気や目の痛み

まで起こると普通の頭痛と簡単に考える

のは危険です。

 

頭痛外来を受診し、薬では改善が見ら

れないようなら整形外科で骨の異常を

調べましょう。

 


頭痛を甘くみない

 


疲れや、ストレスでも頭痛は起きや

すいものです。

 

脳の病気でも頭痛が起きることが

あるので、鎮痛剤を乱用すりより

『自分の頭痛や目の痛みは何が原因

なのか』を知ることも大切です。

 

頭全体が痛いと、仕事も家事も何も

手につかなくなります。

 

月に何回も、目の痛みが起きる頭痛が

あるのは身体からの信号と思い、適切

な治療を受けてください。

 


まとめ


目の疲労は、血行にあります。

 

それが頭痛と共に起こるのであれば、

それを引き起こす原因は目以外にも

あると考えるべき。

 

辛い目の痛みや頭痛と吐き気を我慢

して過ごすより、スッキリと解決し

たいもの。

 

身体をいたわる事や目を大切にする

ことが、辛い症状を緩和する力にも

なります。

 

治療をしながら生活習慣もしっかり

と見直していきましょう。

スポンサーリンク

 

 

Pocket
LINEで送る

ページ上部へ戻る