平熱が高い!その原因は?

3b69326854599a2cd487a9c643debd13_s

 

現代人は平均して低体温の傾向があります。その中で“平熱が高い”状態の人は、周囲と違う為に気にしている方が多いのではないでしょうか?

ご心配な方は是非ご覧ください。ここでは、平熱が高いことで悩んでいる方へ、その良い点と注意すべき点、そしてその原因についてまとめています。

 

スポンサーリンク

 


平熱が高い原因は?

 

最初に、平熱が高い原因を探ってみましょう。

次のような原因が考えられます。

生まれつきの体質である

体温がもともと高い方はいらっしゃいます。37℃前後であれば、熱があるとは限らないのです。

子どものころから平熱が37℃前後であったならば、周囲と比べる必要はありません。生まれつきの体質であると考えられます。

 

筋肉量が理想的である

生活に常に適度な運動等を取り入れ、筋肉の量が増加すると新陳代謝が活発になります。

体内のカロリー消費がスムーズとなり、平熱が高くなります。体にとって良い状態であるといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

 


熱が低いデメリットは?

 

逆に、平熱が低いと心配されることがあります。

平熱が低いデメリットを挙げてみました。

◆免疫力が下がり、ウイルスや細菌に侵されやすくなる

◆血行が悪くなり、疲れや病気の原因になる

◆新陳代謝が低下して太りやすくなる

◆冷え性になりやすい

このように平熱が低いことは、身体にとっとマイナスな部分が多いのです。驚くことに、平熱が1℃下がると、免疫力は30%も下がると言われています。

 

平熱が高いメリットは?

 

逆に、平熱が高いと次のような利点があります。

◆体の基礎代謝が上がり、太りにくい体質になる

◆免疫力がアップして、ウイルスや細菌に強い抵抗力をもつ

◆血の循環がスムーズで、細胞再生が活性化する

 

平熱を高い状態にキープするために

 

このように、健康的に平熱を高い状態にするためには、次のような生活の工夫が良いと言われています。

◆ストレッチをする

◆リンパマッサージをする

◆軽い運動をする(ウォーキングや水泳など)

◆体を温める食べ物や発酵食品を摂る

◆良い睡眠をとる

◆レトルト食品、加工品をなるべく避ける

◆深い呼吸を心がける

上記のような工夫は、平熱を高くする効果があると言われています。

 

まとめ

 

平熱が高いことは、悪いことではありません。

しかし、稀にホルモン関係、血圧関係、糖尿病などが原因で平熱が高いケースがあります。

体調不良な自覚があり、体温が高いときは“熱発”です。その際は、病院で適切な診察をうけましょう。

スポンサーリンク

 


スポンサーリンク

 


 

ページ上部へ戻る