後鼻漏とは?その症状、酷くなる前に漢方で改善しよう!

7078971979cbe394b77919b2dc31aef5_s
Pocket
LINEで送る

あなたは、すっきりしない鼻や喉の症状に悩まされていませんか?

耳鼻科に通っているのに、なかなか改善されないのは“後鼻漏”という症状が出ているのかもしれません。

後鼻漏”は病名ではありません。その為、初めて聞いたという方もいらっしゃるでしょう。

後鼻漏は、以下の疾患や炎症が原因で起こる症状のことです。

・風邪

・副鼻腔炎

・アレルギー性鼻炎

・上咽頭炎

鼻汁が鼻の外ではなく、喉に流れてしまうという状態です。この症状は、漢方で酷い状態になる前に予防することが可能です。

ここでは、漢方が後鼻漏にどのようにして予防効果を発揮するのか、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

 


後鼻漏とは

 

最初に、後鼻漏についてもっと詳しくご説明します。後鼻漏とは、鼻水が喉や気管に流れてしまっている症状です。

次に挙げるような症状は、後鼻漏の状態であると言えます。

・鼻水や痰が喉に流れている

・鼻水や痰が気管に流れて咳が出ている

・鼻と喉の間に違和感がある

・口臭が気になる

後鼻漏は、出来るだけ早めに対処することで悪化を予防することが出来ます。

予防には、漢方が効果的です。何故なら、後鼻漏の原因である疾患の治療と併用することが可能だからです。

 

スポンサーリンク

 


漢方について

 

先ほどご紹介したように、漢方は他の薬と併用できるところがメリットです。漢方は、自然由来の生薬を組み合わせて作られています。

その為、副作用が出にくいという特徴があるのです。後鼻漏の原因である疾患の薬と、並行して始めることが出来ます。

 

後鼻漏に意外な視点でアプローチする漢方

 

後鼻漏に対して、漢方はその原因にアプローチします。すなわち、対症療法ではなく根本的に体質を変えることで改善を目指します。

 

胃腸の働きを改善する

 

胃腸は、消化吸収の働きをする器官です。加えて、体に必要なもの、不要なものを分けるという働きがあります。

その力が弱まると、副産物である鼻水や痰が発生し、後鼻漏のような状態を引き起こすと言われています。

そのため漢方では、胃腸の働きを強化することから、後鼻漏の症状緩和にアタックします。

 

免疫力を高める

 

免疫力の低下に注目しています。免疫力が低下していると、ウィルスや細菌、PMLなど外界からの異物に対処出来ません。

すなわち、痰や鼻水の原因になり、後鼻漏の症状を悪化させると言えるからです。

 

まとめ

 

このように、漢方は後鼻漏を改善するために予防的な観点からアプローチします。

自分の弱い部分を補って、後鼻漏の悪化を予防しようというものです。体の体質改善にもなるので、健康的に根本治療していくこと出来ると言えます。

スポンサーリンク

 


スポンサーリンク

 


 

Pocket
LINEで送る

ページ上部へ戻る