ロタウイルスは大人でも感染する!免疫力が低下したときは要注意です

Pocket

 

秋から冬にかけて流行するノロウイルス胃腸炎は有名ですね。ところで皆さんは、「ロタウイルス」をご存知でしょうか?

 

これもウイルス感染が引き起こす、感染性の胃腸炎です。ノロウイルスの発症がピークを過ぎた1月頃から流行し始め、4月頃にかけて続きます。

 

主に乳幼児が感染し、嘔吐・下痢・腹痛・発熱などの症状が出ます。そのため小さいお子さんには注意が必要ですが、時には大人でも感染するのです。

そこで今回は、大人のロタウイルスについてお話し致します

 

スポンサーリンク

 



どんなとき大人が感染する?

 

ロタウイルスに感染・発症しやすいのは、生後6ヶ月から2歳頃の乳幼児です。そして5歳頃までには、100%に近いの小児が感染すると言われています。

 

ロタウイルスに一度かかると、免疫が作られ抗体が出来ます。

それなら大人は安心」と思われますが、免疫のある大人でも感染・発症することがあるので気をつけましょう。

 

大人のロタウイルスは、その7割が子供からの二次感染です。

このウイルスは感染力が非常に強いので、家庭の中でロタウイルスにかかった子供がいれば、大人も感染することがあるのです。

 

感染した乳児のおむつ取替えの際、手などにウイルスが付着して、それが口に入り感染するケースなどが一般的です。カゼなどひいて免疫力が低下している時は、特に注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 



大人のロタウイルスの症状は?

 

乳幼児がロタウイルスに感染すると、約10%は重症化すると言われています。その多くは激しい下痢と、それによる脱水症状です。

 

しかし大人がこのウイルスに感染した場合は、免疫があるため症状が出ないことが考えられます。また、もし発症しても症状が軽い場合が多いです。

 

軽い倦怠感やむかつきがあるものの、やがてすぐに自然治癒します。但し大人も免疫力が低下していると、子供と同じような症状が出ることもあります。

 

その症状とは、以下のようなものです。

・米の研ぎ汁のような白い便の下痢

・発熱

・嘔吐

 


ロタウイルスに感染したとき仕事はどうする?

 

先ほどお話ししたように、ロタウイルスの症状の特徴の一つに、白っぽい便の下痢があります。

 

もしも下痢になったとき、それが白っぽい便の下痢であれば、ロタウイルスを疑い病院を受診しましょう。

 

ところで病院でロタウイルスと診断されたら、仕事はどうしたらよいでしょうか?最近はインフルエンザやノロウイルスに感染すると、完全出勤停止にする会社が増えています。 

 

しかしロタウイルスの場合は、必ずしも会社を休まなければならないということではありません。従って自分の体調を判断したうえで、会社に出勤する人も多いです。

 

しかし何度も言うように、ロタウイルスはとても感染力が強いウイルスです。治らないまま職場に出勤してしまっては、そこでウイルスを広めかねません。

 

たとえ動ける状態の症状でも出来るだけ仕事を休んで療養し、回復してから会社に出勤することをおすすめします。

 


ロタウイルスの感染を予防するには?

 

ロタウイルスは二次感染によって家庭内で広がりやすいです。まずはそこから感染を防ぎましょう。

感染対策法をいくつかご紹介致します。

 

①手洗いをきちんと行う


感染者の嘔吐物・下痢を処理した後やトイレの後は、石鹸手洗いを忘れずにしましょう。

感染者の便には、下痢の始まる2日ほど前から、症状が出て10日後くらいまで、便からロタウイルスが検出されます。

 

②汚れてしまった場所は消毒を


ロタウイルスは、アルコール消毒では効果がありません。感染者が汚した場所は必ずマスクゴム手袋でガードをし、次亜塩素酸ナトリウム液で消毒します。


これは殆どの薬店に置いていますが、買いに行けない方はハイター等の塩素系漂白剤を200倍に薄めたもので代用できます。

 

③洗濯物は別にして


衣類に嘔吐物が付着したら、洗濯は通常の洗濯物とは別に洗いましょう。先ほどご紹介した消毒液に30分ほど浸けたうえで洗濯します。

但し脱色する場合もあるので、気になる方は85℃以上熱湯に浸けても効果があります。

 


まとめ

 

病気や疲れなどで体の免疫が低下していると、大人でもロタウイルスに感染・発症しやすいことがわかりました。

特に二次感染によってかかりやすいので、お子さんがロタウイルスに感染した時は親も注意しましょう。

感染症は、治療・安静期間も大切ですが拡大感染を防ぐことが最も重要なのです。

 

スポンサーリンク

 


スポンサーリンク

 

ページ上部へ戻る