生理中に起こるめまいや吐き気。実はそれも生理痛の1つなんです!

Pocket

「生理がくると吐き気がしてツライ」

「とにかくめまいがヒドくて生理中は何もできない」

「めまいや吐き気は生理と関係あるの?」

このように、「生理」に関する悩みはありとあらゆるものがあります。

正常な周期であれば毎月やってくるものですから、生理が近くたびに憂鬱な気持ちになりますよね。

f4752f1bee00f7f09dfeeb79b1076862_l

ところで、「吐き気」「めまい」などの症状は「痛み」と少し違うので、「本当に生理痛の1つなの?」と疑問に思っている方はいませんか?

もし生理痛が原因でなかったとしたら、とても不安になることでしょう。

今回は生理が原因による「吐き気」「めまい」について詳しく説明をします。

対処法についてもいくつかご紹介しますので、生理中に吐き気やめまいの症状を訴えたことのある方は、ぜひ1度確認をしてみて下さい。

スポンサーリンク

 

 

生理中に「吐き気」や「めまい」が起こる原因は?

c82f8df7467c478cce9dcb07ba24fcbc_l

生理中の「吐き気」や「めまい」は、頭痛が原因である場合が多いです。

肩凝りが原因で頭痛が起きた時や、偏頭痛が起きたことのある人は、その時に「吐き気」や「めまい」を感じた経験があるはずです。それと同じなのです。

 

生理中に頭痛が起きる原因は、「ホルモンバランスの乱れ」が原因です。

生理中は、「エストロゲン」「プロゲステロン」というホルモンの分泌量が乱れます。

 

プロゲステロンが減少すると、「プロスタグランジン」というホルモンが増加します。

このプロスタグランジンは、子宮を収縮する作用があるため、下腹部痛などの「生理痛」が起こるのです。

さらにプロスタグランジンには「痛みを強くする」作用もあるため、生理中に「頭痛」の症状を訴える人がいるのです。

 

「頭痛」「吐き気」「めまい」はなぜ生理痛として現れるの?

00c43c73106760c2820eed91556f4294_l

生理中はプロスタグランジンの影響で頭痛が起こりやすいのですが、頭痛に伴う吐き気が出やすいことにも理由があります。

それは、プロスタグランジンが過剰分泌されることで、「吐き気」引き起こすことがあるからです。

吐き気が起きやすい状態で頭痛の症状が出ると、普段よりも吐き気を感じやくなってしまいます。

 

「めまい」に関しては、エストロゲンの減少が関わっています。

エストロゲンが減少すると、自律神経が正常に働きにくくなります。自律神経が乱れると「めまい」が起こりやすいので、生理痛の症状として、めまいが出ることがあるのです。

 

生理中に「頭痛」「吐き気」「めまい」が起こる原因まとめ

764941

  • 生理中はエストロゲンとプロゲステロンが増減する
  • プロゲステロンが減少→プロスタグランジンが増加
  • プロスタグランジンが増加→「頭痛」「吐き気」が起こりやすい
  • エストロゲンの減少→「めまい」が起こりやすい

スポンサーリンク

 

 

生理痛の症状としての「吐き気」への対処法は?




このように、生理中の吐き気に悩む女性はたくさんいます。ツライ症状ですので、少しでも緩和したいと誰もが思うことでしょう。

 

生理痛が原因である場合の「吐き気」に対しては、プロスタグランジンの過剰分泌を抑えることが、1番の対処法になります。

プロスタグランジンの過剰分泌を押さえる方法をいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてく下さい。

 

①漢方薬を飲む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

痛み止めの効果がある漢方薬もいくつかありますので、鎮痛剤を使うことをためらう方にオススメです。

市販のものでも良いですが、医師に相談をして処方してもらう方安心でしょう。

 

②お灸をする

94a932119b117ef38e77869d84a03c82_l

お灸は、生理痛に効果があるツボを押したり、血行が良くなるので、症状が緩和することがあります。

胃のツボを押すことで吐き気を抑える効果が期待できます。

 

③低容量ピルの服用

ac6a7312f1d61205112c369a0ee072ac_l

低用量ピルはホルモンバランスを整えてくれる効果があります。

産婦人科で処方してもらえますが、副作用が出る場合もあるので、よく医師と相談してから服用しましょう。

低量ピルのマーベロンは飲むと太るの?正しい使用方法知ってますか?
低量ピルは『避妊薬』や『ホルモン治療の為に使う』イメージがあると共に『副作用』があると言われています。 低量ピルは、ニキビの改善薬としても注目されていて...

 

生理痛の症状としての「めまい」への対処法は?




生理中のめまいも「ツライ」と訴える方は非常に多く、ヒドイ方ですとそのまま倒れてしまうこともあるそうです。

生理中のめまい自律神経の乱れを治すことが有効ですので、いくつか対処法をご紹介しましょう。

 

①ストレスを解消する

36c658b5e98d945979ece09504258dc8_l

没頭できる趣味を見つけたり、仕事とプライベートのオンオフを付けるなどをして、日頃からストレスを解消しておくと良いです。

自分なりのストレス解消法を色々と探してみましょう。

 

②リラックス方法を見つける

7c7307dd1c6c47fa0bd28ae945f11d83_l

神経が張りつめていると、自律神経の乱れにも悪い影響を与えてしまいます。アロマを炊く、入浴剤を入れて半身浴をするなどがオススメです。

 

③適度な運動

184262e4e7bb8e6fdc1e3c6665fea3c5_l

軽い運動を継続することも、自律神経を正しくすることに効果があります。ウォーキングなどを毎日30分程度行うと良いです。

スポンサーリンク

 

 

まとめ

658f620dc26982d288484e7023f23057_l

生理痛の症状は「吐き気」や「めまい」以外にも数多くありますから、様々な症状を抱えている方は、生理痛の度にツライ思いをしていることでしょう。

仕事や家事でなかなか休むことができない方も多いでしょうから、今回ご紹介した対処法をぜひ参考にして頂きたいです。

生理中でも普段と変わらない生活が送れると良いですね。

スポンサーリンク

 

 

ページ上部へ戻る