溶連菌の再発を防ぐためのポイントとは!

Pocket

 

溶連菌の主な症状や特徴

 

冬の時期に、子供がかかりやすい病気の一種として溶連菌があります。意外に、身近に存在している、細菌による、病気になります。

感染症であるため、家族の1人が感染すると、家族全員が発症することも多いです。症状としては、喉の痛みが特徴的です。

また、39度近くもの高熱も発します。次第に、皮膚に発疹ができて、痒みを伴うでしょう。

 

目が、赤く充血することもあります。舌に生じる白い苔が落ちて、赤いツブツブ状のイチゴ舌になる場合もあります。

発疹の後には、指先の皮膚が剥がれ落ちるでしょう。

溶連菌の初期症状は、風邪などの疾患と、非常によく似ています。違いとしては、鼻水などの症状は出ないことが挙げられます。

 

ページ上部へ戻る