妊婦が腰痛で歩けなくなる?理由を知って万全ケアを!

3909c198d4cc478ee343d6907c028801_s_R

 

妊娠は体も心も変化させていきます。

 

中でも『今まで腰痛とは無縁』な人も

腰痛を経験する事になるので、体の

変化に心がついていかなくなる事も。

 

妊婦に多い腰痛や股関節の痛みの

メカニズムを知って対策を考える

ことが大切なのです。

 

 

スポンサーリンク

 



妊娠するとどうして腰痛になるの?

 

女性の体は妊娠によりホルモン分泌

変化するので、靭帯や筋肉が妊娠前とは

違った働きをします。

 

産道を確保するために骨盤は開き、

恥骨辺りまでの靭帯が弛んできます。

 

これだけで痛みが起きるわけでは

ないのですが、妊娠初期に

『歩くとチクチクする』のは

 

靭帯が弛んで体がお母さんになる

準備をしていると考えましょう。

 

スポンサーリンク

 



妊娠中期から更に体が変化します

 

妊娠初期には、胎児が成長する為に

骨盤が開くので、軽く股関節に痛み

あったり歩きにくい感じはあります。

 

自然に治るので気にしない人もいますが

、まれに激痛を感じる人もいるようです。

 

骨盤が狭い人は靭帯が伸びる事で、

腰のだるさや坐骨、股関節に痛みが

 

強く出るようですがきちんとケア

をすれば日常生活に問題はないでしょう。

 


妊娠中期になればお腹が前に張り出す

ので、体が全体的に前屈みになります。

 

ところが人間は体が前に傾くと、自然に

重心を後ろにしようと体が後ろに傾いて

いきます。

 

腰を前後にコントロールする事で体の

バランスを取るのですが、お腹の張り

だしと共に胸骨が曲がり後屈し腰椎と

 

骨盤は前屈するアンバランスな状態に

なります。

 

こうなると腰椎は『くの字』の反対に

反りますから、腰回りの筋肉に負担が

掛かり神経を圧迫します。

 

腰の神経は、坐骨を通り股関節に繋がる

ので『坐骨神経痛』『股関節痛』

となり現れます。

 

骨盤や股関節は靭帯で支えられている

ので、妊娠により弛むことで筋肉が

何時も以上に働き、股関節周辺が痛み

歩くことが困難になるのです。

 

これを緩和する為には、ストレッチ

筋肉をほぐしてあげる事と、温めて

筋肉を和らげて血行を促す事です。

 

ベルトで一時的に押さえる事は出来

ますが、腰痛を治すことは出来ま

せん。

 

ベルトをする事で安心して歩ける

ならば、動くときに使い寝るときは

体をリラックスさせる事も必要ですね。

 

リラックス&ストレッチ

 

妊娠中はメンタルな意味でも安定が

悪いので、体にそれが出てしまいます。

 

日頃からココロと体のバランス

取っておくことも腰痛を楽にする

為の1つ。

 

歩けなくなる程に悪化する前に、

ストレスの解消法や体のバランスを

上手にとれるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

 


スポンサーリンク

 

ページ上部へ戻る